2006年01月14日

2006年

かなりまったり更新となっているこのブログです。

このブログをやっている目的は何なのかというと、理由はそれほど無いのかもしれませんが(笑)

でも、読みに来てくださる方がいる以上はないがしろにできません。

私も去年はカリスマアフィリエイターの白湯さんやK氏と知り合えて色々と視野が広がったこともありました。

2人ともカリスマなだけあって(ぇ)、色々と忙しいようですが、またよろしくお願いしたいと思います。

この先、システムやプログラムを組めるアフィリエイターが強くなってくると思います。もちろんそれだけでは成果は出ないのですが、他のアフィリエイターと差が付く部分ではあります。

そういった人を味方にするのは良いことですね。

アフィリエイトのブログランキング

blog by アフィリエイト at 00:54 | COM(2) | TB(0) | ハヤの記事
2005年11月05日

利用規約って難しい

利用規約って難しいんです。

普通、話しているときに誤解が生じても、表現を変えたり詳しく説明したりすれば「あ〜そういうことね」で済みますね。

でも利用規約の場合、誤った解釈をしているとそれが取り返しの付かないことになるかもしれません。

普通、言葉って説明すればするほど具体的になって意味がはっきりするものですが、中には回りくどい表現をしているせいでかえって複数の意味に取れるようなものもあります。

そういうとき疑問を持ったらハッキリさせておいた方がいいでしょうね。

中には故意にそう(誤解を生むように)書いてる所もあるかもしれません…w

向こう有利な場合、都合のいいように解釈されてしまいます。もう法的拘束力も何もありゃしません(笑)

読解力があろうがなかろうが、普通の人が読めないような文では規約としては失格ですよね。

万人に通用する文章、というのも難しいのですが、「こう解釈するのが妥当だ」とより多くの人が納得する文章を書くべきですね。

以上、言葉って難しいね、という記事でした。


アフィリエイトのブログランキング

blog by アフィリエイト at 16:28 | COM(1) | TB(0) | ハヤの記事
2005年09月23日

CSSインデックス@ハヤ

検索エンジン(Yahoo、Google等)は、外部スタイルシートファイル(.css)をインデックスします。

クロールされると、中の内容まで読み込みます。

以前、これで検索エンジンがCSSをSEOスパム判定に使っているかどうかという議論がされていましたが、それはありません。

あくまで読み込ませたい時に読み込ませることができる(アンカーテキストとかを使って)というものですので、それとHTMLなどの元ファイルとは関連性はありません。(※今の所はね)

それにあからさまなSEOスパムを除いては、判定のしようがありませんからね。それぞれの数値によるブロック要素の配置など、数々の要素を厳密に計算できるほど検索エンジンは発達していませんので。

ですので、例えば他サイトの外部CSSファイルをインデックスさせたりすることも可能ですが、ほとんど意味はないということになります。

アフィリエイトのブログランキング

blog by アフィリエイト at 19:16 | COM(0) | TB(0) | ハヤの記事
2005年09月04日

やはりWeb業界は熱い?

たまにアドセンスでアドワーズの広告主をチェックしたりします。
(もちろん他の人のサイトかURLを直で打ち込んで)

最近は色々と面白いこと・新しいことをやってる企業が多いな〜と思います。

サイトの売買はもちろんのこと、そういったサイトを集めてオークションやってたり、他にはこんなものまで…と思えるサービスを始めた業者もいます。
挙げればキリがないですけどね。

よくあるのがSEO代行です。さすがに要求された検索語での1位保証をやっているところは見たことがありませんが、ページランク保証くらいは普通にやってますね。

でも、やはり前回の記事を見てもそうですが、B to Bのビジネスでは規模が違うんでしょうね。

一個人として普通にアフィリエイトをやってるよりももっとおいしいことができそうですね。

と言っても今はそんな金はいらないので、ちまちまと数十万のアフィリエイトを続けます(笑

K君はアフィリエイトから○○ーーーーへと動き出したようですし、ハ○ーーーの勉強までしてます。

白湯さんはーーーーーへと新しいフィールドへ進んでいるようですね。

おずさんはまたアイルランドへ行ってるようですし。

私はアフィリエイトを続けつつ、うまいことやっていきたいです。

アフィリエイトのブログランキング

blog by アフィリエイト at 20:19 | COM(0) | TB(0) | ハヤの記事
2005年08月30日

勝手にコンテンツが増えていくサイト

ブログや掲示板のサイトでたまにアクセス解析を見てみると、訪問者が書いてくれたコメントや書き込みの中にある言葉で検索してくる人も多いです。

このように、全部にしろ部分的にしろ、『訪問者がコンテンツを作ってくれるサイト』というのはメリットが多いですよね。


これは以前話していた内容なのですが、多分言っても大丈夫なので言いますと、

例えばHTML形式の掲示板(宣伝掲示板)を作って、過去ログが大量に残るようにすれば、自動的に内容が書かれるだけでなく、ページまでがどんどん増えていきます。

通常自分で大量ページを作る場合、一気に増やしてしまいがちです。

しかしそれでは検索エンジンによる時間的アルゴリズムに不適切である上、自分がまた何かしなければ増やせません。

しかし、継続的・自動的にだんだんと増えてくる形であれば、それらを有利に働かせることができます。


こういうサイトを作ることの何が大きいかと言うと、自分が管理しているサイトというのが大きいのです。

後からでも、如何様にでも広告を載せたりできますからね。

ただ、第三者が書き込めるコンテンツのサイトを作る場合、注意が必要です。

タグの禁止、NGワードの設定などは最低限やっておく必要があります。

下手なことをしますとそのサイトが乗っ取られてしまいますのでご注意を。

インターネットにおいては、『パソコンに詳しい人』ほど厄介なものはありません(笑
私はコンピュータには詳しい方ではありませんが、少なくとも、そういった致命的なミスはしないように心がけています。

ハヤ

アフィリエイトのブログランキング

blog by アフィリエイト at 00:28 | COM(3) | TB(1) | ハヤの記事
2005年08月22日

稼いでいるサイトを真似しても稼げない@ハヤ

おずさんがこのブログから脱退されるということで残念です。
私は別に役に立つ記事を書こうとしなくても、ネタ記事でも何でも良かったんですが、降りると言うことなので仕方ないですね〜。

ご参加いただきましてありがとうございました。



そういえばこの前、パクリサイトの是非を問うネタが出ましたね。

個人的には、パクリはする必要がないと思います。

パクらなくても、アフィリエイトリンクを並べただけのページでも成果は出ます。

確かに、効率良く稼げるサイトを作るのが苦手な人は、巧い人のサイトをパクるのが手っ取り早いでしょう。

しかし、デザインや文言をパクるのは著作権違反です。日本ではコピーライトとか記述してなくても自動的に著作権法が適用されますから、私も自分のサイトがマネされたらしかるべき処置に出ざるを得ません。

この前、著作権絡みで逮捕された人もいるようです。
ですから、参考にするにも限界があるのです。

それに私は、『かなり稼げているサイト』は見たことがありますが、『効率よく稼いでいるようなサイト』は見たことがありません。

『かなり稼げているサイト』はアクセス数が多いサイトです。ですからそれをマネしたとしても稼げるわけではありません。

デザインが良いサイトや、個人的に好きな感じのサイト、情報が多くて役に立つサイトなどは沢山見てきましたが、アフィリエイトで効率よく稼いでいるサイトは見たことがありません。ですから、パクってもまったく効率が良くない、自分で作った方がマシだ、ということになるわけです。

月収50万以上稼いでいるある方は、最近私の手法を取り入れまくっているようです。要するに私のやり方をどんどんマネしています。

その人と私は別に知り合いというわけではないですが、よく私のサイトを見ては色々と熱心に研究しているようです。アフィリエイトで結構有名な人なので、皆さんも知っているかと思います。

一応その人は常識のある人みたいなので、著作権に絡むようなことはやってませんがね。

その人は毎日サイトを更新し私に追いつこうとしている、その一方で私は今月怠けすぎているので、このままではその人が収入面において私に追い付くのは時間の問題です。

しかし、その人のサイトを調べてみたら、基本的には私のやっていることと同じことをしているのに、どうも効率が悪いサイトなのです。私はそういった方法の先駆者ですから、大体は判断できます。「あ〜ここをこうしちゃってる」とか。

こういった色々な要素が分かるかどうかが、パクリとオリジナルから構築したのとの違いでもあります。

まぁ色々な稼いでいるサイトを参考にするのは良いことですが、結局はオリジナルなノウハウを持ってなければ勝てないと思いますね。稼いでいる人が持っているノウハウは、サイトそのものにはほんの少ししか表れてないと思いますから。

アフィリエイトのブログランキング

blog by アフィリエイト at 16:02 | COM(0) | TB(0) | ハヤの記事
2005年08月14日

ヤフーカテゴリに掲載してもらう方法@ハヤ

アフィリエイトサイトが商用サイトにあたるかどうかの定義は曖昧です。普通はアフィリエイトサイトをビジネスエクスプレスを使ってヤフーカテゴリへ登録しようとしても、掲載は拒否されることが多いようです。

では必ず掲載してもらうにはどうすれば良いか。


自分で商用サービスを作ってしまえば良いのです。

ホームページ製作代行、SEO代行サービスなど、有料のサービスを加えることによって商用サイトにすればOKです。

この辺は登録するジャンルにもよりますから、それに合わせて簡単な有料サービスを作ればいいかと。

ただ掲載後にそれを取っ払うのはやめておいた方がいいかと思います。ちょっと目立たない位置に移動させるくらいでいいかと。

ヤフーカテゴリ登録サイトはページ検索でも上位に表示されますから(今のところ)、稼ぐ自信のあるサイトであれば、やって損はないと思います。


アフィリエイトのブログランキング

blog by アフィリエイト at 12:07 | COM(2) | TB(0) | ハヤの記事
2005年08月05日

米GoogleのPPC広告トラフィックのうち29.5%が…@ハヤ

一昨日の記事になりますが、こちらをお読みください。

米GoogleのPPC広告のトラフィックのうち29.5%がクリック詐欺〜米調査

アメリカの例ですが、これを見た時はさすがに驚きましたねぇ。
30%近くも重複クリックがあるそうなんですからね。

ただ、だからと言って「Google何やってんだよ〜」ということにはならないと思います。

あくまでこれは重複クリックのトラフィック(クリック数)が30%ということであって、GoogleのPPC広告の収益の30%がクリック詐欺ということではないからです。

ですから、この分かる範囲の重複クリックに関しては課金しないようにするなりなんなりの対処はできるはずです。

それと、この調査では重複クリック=クリック詐欺とみなしているようですが、すべてがそうとは限りません。ですから、それを考えると、率はいくらか減ると思います。(と言っても、20%くらいはクリック詐欺になるんでしょうけど。)

でも、ユニークで見ればぐっと下がるでしょうね。クリック詐欺は一回で数千とか一気に回数が出ますから、それを考えると、不正をやっている人はやっぱりごく一部だと思います。

こういった不正が増えてくると、近い将来、クリック課金型の広告はなくなってしまうかもしれません。Googleはその道で一番大手だから無くなることはないとは言われていますが、形は変わってくる可能性が大きいです。

それに昔はASPでも、1クリックで数十円とかも普通にあったようですし、ページ表示課金型(=1ページ表示されるごとにいくら)の広告も多かったようです。

しかしそれは今ではほとんどありません。

その理由として、会員数の増加や、コンバージョン率向上など、理由は色々あると思いますが、不正が多かったというのが一番の原因でしょうね。

そうでなかったら、今でも1クリック数十円の広告がありふれていてもおかしくはありませんからね。

広告主の方も、不正クリックが多いことで、単価を下げたり、クリック報酬をなくしてしまうことも少なくありません。

携帯広告はPC広告に比べるとまだ単価は高いですが、それも最近はどんどん下がってきているようです。(⇒だから最近成果報酬型ASPが参入してきた)

とにかく、一部の不正クリックやっている人がアフィリエイト・PPC広告業界全体にかなりの迷惑をかけているわけです。

そういう人は、いかにして不正をするかに力を入れるより、まともに稼げる方法に力を入れるべきなんでは?と思いますね。

力を注ぐ方向が明らかに間違ってますよね。

ちなみに、例の記事、見事にアドセンスが公共広告になってます(笑


で、ヤフーカテゴリの件は、次回に…。(ひっぱってるわけじゃないですが)


アフィリエイトのブログランキング

blog by アフィリエイト at 01:21 | COM(0) | TB(0) | ハヤの記事
2005年08月01日

Yahooカテゴリ登録代行ビジネス?@ハヤ

最近ヤフー登録はほとんど重要視されなくなってきていますが、今日はそれに関連した話をします。


先日、ヤフーカテゴリ登録代行を承っているサイトを見つけました。
ビジネスエクスプレスを使ったヤフー登録申請を代行するというものです。

料金はヤフー登録の5万2500円に手数料が1万500円で、計6万ちょっと。
複数サイトを申請すれば料金が安くなるというわけでもなく、1回につき6万なのです。

つまり、このサービスを使うと6万3000円かかるが直接ヤフーに申し込めば5万2500円で済むのです。

ですから、一体誰がこのサービスを使って申請するんだろうか。と思いませんか?

このサービスに申し込むよりもヤフーに直接申し込んだ方が料金も安いし手っ取り早いと思うのですが。

しかしそのサイトは有料広告も出して宣伝していましたから、そこそこ儲かっているのでしょうね。
おそらく、仕組みに詳しくない人を狙ってやっているのだと思います。
(下記コメント参照)


まぁ、あまり他のものを批判するのは好きではないのでこの辺にしますが、

このようなビジネスもあるものなのか〜と、良くも悪くも勉強になりました。
しかしこのようなサービスをするなら、もっと工夫が必要ですよね。


次回は、「必ずヤフーカテゴリに登録する方法」をお教えします。

アフィリエイトのブログランキング

blog by アフィリエイト at 22:18 | COM(7) | TB(0) | ハヤの記事
2005年07月20日

ページランク更新@ハヤ

おずさんが新たに加わりました〜パチパチパチ(歓迎の拍手)
おずさんとこういう形で一緒にやれることになって嬉しいです。

おずさんのブログアフィリエイトで日給8万円は、ブログを作ってから短期間のうちに数千〜万アクセスを獲得したサイトです。

この辺のノウハウを、皆さんも聞いてみたかったりするんではないでしょうか。

ユーモラスな例えも魅力的です(笑)



さて、ページランク更新についての話をします。

数日前ですが、ページランクが更新しました。

ページランクは、基本的に高いページランクのサイトからリンクを張られることが重要になります。ページランクの継承とも言います。

例えばページランク4のサイトからリンクされると、3になる可能性が高いということです。
もっとも、要素はそれだけではないのですが、ページランクに関して言えば、バックリンクの数はそれほど関係ない、、、と言うより、ページランクを上げる要素としてはそれほど関係ありません。

私が持っているブログの1つも、3月に開設して3〜4個のリンクをもらい、それからは忙しくて放置していたのですが、それだけで2ヵ月後くらいにページランク3になりましたから。

このように、開設して2・3ヶ月でページランク0⇒3になるのは珍しくありません。

個別のページがページランクの高いページからバックリンクをもらっていたり、よく読まれるページであったりすると、トップページよりもページランクが高くなることがあります。
これによって結果的にトップページまで高くなります。

また、ランクが下がることも珍しくありません。


ページランクについては、細かく説明されたサイトがありますので、検索して見てみるといいでしょう。

ただ、ページランクは検索順位とはあまり関係がないので、それほど勉強する必要はないとは思います。

検索順位は、結局はキーワードポイントが絡んできますから。




アフィリエイトのブログランキング

blog by アフィリエイト at 13:07 | COM(0) | TB(0) | ハヤの記事
2005年07月10日

Googleの新しい順位決定方法

Googleの新しい順位決定方法のすべて。SEO関係者必読、グーグル特許出願文書全訳

長くて分かりにくいかもしれませんので、後日解説します。

私自身もまだ完全に把握したわけではありません(笑)
が、そちらの専門ではなくとも、一読の価値はあると思います。
「なるほど。」という内容が多いです。

先日これを誤った解釈をした人がデマを流した、ということもあったようです。
解釈はでき得る限り忠実に行わなければなりません。


解説は白湯さんにお願いしようかな…

アフィリエイトのブログランキング

blog by アフィリエイト at 01:00 | COM(0) | TB(0) | ハヤの記事
2005年07月02日

ASPの個人情報開示@ハヤ

ASPからはどれだけの個人情報が広告主に開示されてるか知ってます?

例えばA8ネットでは、氏名・サイト名・サイトURLなどが広告主に開示されているようです。(規約にも書いてあります)

サイトURLなどが開示されるのは当然ですが、氏名も開示されているのがポイントです。
それに対し、バリューコマースでは提携申込時のみ氏名も開示されますが、提携後はサイト名・サイトURLなど最低限の情報だけのようです。

氏名くらいは別に問題ないと思いますが、参考までに。

気になる方は他のASPも調べてみるといいかもしれません。

(本当はもっと前に投稿するはずだった記事ですが…^^;)

posted by ハヤ


アフィリエイトのブログランキング

blog by アフィリエイト at 23:00 | COM(0) | TB(0) | ハヤの記事
2005年06月25日

挑戦してみる?@ハヤ

K氏の『クリック率について』の記事は「抜け道をなくす」ということを言っているんですよね。抜け道がないときはGO!しましょう。

白湯さんの『ギャル系の情報サイトでアドセンス』の記事は需要があるのに競合が少ないジャンル(アフィリエイトやってる人が興味なさそうなジャンル)を使って稼ごうという記事ですね。

ですが、そのジャンルが見つけられないという人も多いかと思います。
そんな抜け道がないときは儲かるジャンルとして有名の『金融』にGO!

ただし、これは野心がある人向けです。

Googleで『消費者金融』と検索するといっぱいサイトが出てきますね。
Yahooで『消費者金融』と検索してみてもいっぱいサイトが出てきますね。

消費者金融』というワードは月に約9万件の検索があります。
キャッシング』というワードでは月に約6万件の検索があります。
金融』というワードではなんと月に約60万件の検索があります。

これは先月に比べても増えています。
金融は儲かるジャンルであることは間違いありません。


先日、世界の資産家のランキングが発表されましたが、日本のトップ5の中に大手金融会社の社長が3人も入っていました。大富豪5人中3人が金融なのです。


金融はところどころでは悪いイメージを持たれていますが、人気タレントのCMなどでイメージ改善に努めているようです。


Googleで上位に表示されているサイトは大体がYahooでも上位表示されていまして、ビジネスエクスプレスを使ってカテゴリ登録されているサイトも多いです。

なぜ、ビジネスエクスプレスを使っているサイトが多いのか?
それは儲かっているからです。
金融サイトがビジエクでビジネスカテに登録されることはちょうどカテゴリも合っている。
しかも、有料広告を出して集客しているサイトも多いです。
これはサイト上に氏名・住所・連絡先などの個人情報を載せている点からも分かります。
もっとも、このジャンルは法人が多いですがね。

ビジエクを使おうという意味ではありませんよ。
ヤフーの今後の方針ではカテゴリは外される可能性もありますからね。

金融系はキャンセル率が高いとよく言われます。
しかし、いくらキャンセル率が高くてもそれだけ沢山の成果を出していれば稼げるわけです。
例えば、1件につき1万円の成果が出るとしますと、月に500件の成果を出せば500万円。
その内、8割がキャンセルされたとしても100万円の報酬ですから。



法人が多いし、イチアフィリエイターの自分には無理だ、と思うかもしれません。ですが、儲かる分野に法人が参入していないということは基本的にありえません。

ライバルが多いからこそ、逆に挑戦する価値もあるという考え方もできます。

ライブドアは成功しました。
堀江さんは今や誰でも知ってる有名人ですよね(時の人とも言いますが)。

堀江さんが成功した理由、それは彼が頭が良かったから?経営戦略が優れていたから?
そうではなく、一番の根本にあるのは、野心があったからだと思います。

別にみんながそれ系スタイルになれとは言いませんが、そういうタイプの人も成功できるという例ですね。

金融系は中身のないサイトが多いようにも思えます。
ですから、皆さんが参入して中身のあるサイトを作ってほしいという願いでもあります。

by ハヤ

アフィリエイトのブログランキング

blog by アフィリエイト at 21:23 | COM(1) | TB(0) | ハヤの記事
2005年06月22日

アドセンスのクリック率が高い@ハヤ

待望の新メンバーが参加しましたね〜。

白湯さんはクリック報酬をメインに稼いでいるタイプ。おそらくお手持ちのサイトのアクセス数もすごいんだろうと思います。

白湯さんのブログアレをやったらこうなった。も具体性のある質の高い記事が多いです。


一番注目すべきは、アドセンスのクリック率の高さ。

なんと平均15%、高いときでは30%も行くというのです。
これには驚かされました。

私の場合、アフィリエイト広告のクリック率は高いです(アフィリエイトの場合ユニーク比率で計ることができないので難点ですが、数十%はあります)が、“アドセンス”のクリック率は1%とか、良くて2%程度です。

他のサイトを見ても2%くらいの人が多いようでしたし、特にアドセンスのクリック率に関しては気にしていませんでした。

それが15%とか20%とか聞いたもんですから、すごいなーと思いました。
K氏もクリック率10%以上あるみたいですしね。

プレミアムサービスを受けている中にはサイトなど、中にはクリック率50%とかもいるようで、新しい世界を見ることができました。
(アフィリエイトの場合はクリック率が高いというだけで提携を切ってしまう広告主もいらっしゃいますが…/アフィリエイト道さんのワタシが不正?を参照)

と同時に新しい可能性も見えてきた気がして、嬉しくもあります。

>野郎を相手にするより楽しいから
この辺にユーモアのセンスも感じられますね(笑)



また私はオリジナルな話をできないまま終わってしまいそうなので、SEOとアフィリエイトに関する参考リンクを張って終わりにします。

GoogleのSEOでは「時間」も重要。新しいランキング手法を解読

木村剛氏は「アフィリエイト」をわかっていない――ブログに向かないシステム


posted by ハヤ

アフィリエイトのブログランキング

blog by アフィリエイト at 20:30 | COM(0) | TB(0) | ハヤの記事
2005年06月18日

アフィリエイトで稼ぎ続けたいなら@ハヤ

K君が何人か有望そうな(?)人にオファーを出しているようなので、近いうちに執筆者が増えてくれそうです。(蹴られてたらダメだけど)


今回も下の記事を使って話を進めていきます。
アフィリエイトをやっていれば、収入が落ちてしまうこともよくあると思います。
K氏が前回の記事を書いたのも、自分の下がった体験から来ているのだと思います。

アフィリエイトをずっと続けている人で、ずっと右肩上がりで稼いでいる人はほとんどいません。これは成功者と呼ばれるアフィリエイターもそうです。ほとんどの人は上がったり下がったりしていて、中には全盛期の1/3以下の収入に落ちてしまった人もいます。(それでも数百万レベルですが。)

ずっと稼ぎ続けているアフィリイターは私が知っている中では2人くらいしかいません。
始めて間もない人だったら、『ビギナーズラック』で調子が良くて稼いでいる人もいるでしょうけどね。



収入が下がってしまうには大きく分けて2つのタイプがあります。

1、検索エンジンの順位が下がったとかの個人レベルでの小さい変化による収入ダウン。
2、Web業界が進歩することでシステムが変化し、それによる収入ダウンまたはアフィリエイトの消滅。


1の場合個人個人の問題なので、下がる人は下がるし下がらない人は下がらない。下がったら再び上げることもできるわけですから。これはまぁ、そういう保険をかけておくのもいいですし、下がった時に適切に対応していければ何の問題もないです。

2の場合。これはほとんどの人は、Web世界が進歩しそれによってもたらされるシステムを受動している立場なわけですから、それに柔軟に対応していく対応力が必要です。Webを使って稼ごうとする以上は、そういった流れをある程度把握していかなければならないことは避けられません。もしそれをしたくないんだったら、アフィリエイトからは撤退するべきですね。



「アフィリエイトで稼いで株で増やそう」って人は最近増えてきましたね。100万以上稼げる人だったらそういったことをするのも効果的ですし、別にアフィリエイトとくっつけなくたっていいですし。

Webの進歩に無理矢理対応していかなくたっていいわけです。
アフィリエイト以外に本業を持っていれば何の問題もありませんので。

企業化してアフィリ以外にも乗り出して本格的にWeb業界でやっていくのか、(といってもほとんどは広告関係になりますが)、あるいは形だけにしてあくまで副収入としてやっていくか、この辺で個人個人分かれるでしょうね。



最近アフィリエイトを本業にしたいという人も増えてきましたが(冗談か本気かわかりませんが)、アフィリエイト一本で食っていこうとするのはやめた方がいいですよ。

by ハヤ

アフィリエイトのブログランキング

blog by アフィリエイト at 19:44 | COM(0) | TB(0) | ハヤの記事
2005年06月15日

アボセンス・リスク回避@ハヤ

下の記事にありますようにアドセンスのアカウント削除については危惧されている方も少なくないでしょう。

本人が規約違反していてアカ削除される内的な理由ではなく、アドセンス狩りという外的な理由で削除されてしまうからですね。

これは収入を公開しているような稼いでいるアフィリエイターばかりが狙われるわけではありません。アドセンスをやってる人だったら、いつ誰がなってもおかしくありません。

ですがそれほど危惧することはありません。大量クリックが見付かっても、すぐにGoogleにその旨のメールを出せば、アカウント削除は免れることが多いようです。
ただし怒られます(注意されます)。その他、証拠の提示、一定期間クリック無効などの措置を取られるようです。
場合によっては残念ながら…だそうです。

そのときは自分が悪いわけではなくても、とりあえず謝っておきましょう。

Googleだってこのような問題が起きていることをわかっているはずですから。


リスクを高めたくなければ、むやみな露出は避けることですね。
そういう方には、ひっそりアフィリエイトをおすすめします。

(私はこのタイプではありませんけどね)

P.S. 前回も出先からの携帯メール投稿でしたが、ちゃんと投稿されてて安心しました。
by ハヤ


アフィリエイトのブログランキング

blog by アフィリエイト at 22:32 | COM(0) | TB(0) | ハヤの記事
2005年06月14日

ブログでアフィリエイト@ハヤ

ブログでアフィリエイトするときのポイントなどを書いてみたいと思います。

ブログでアフィリエイトするなら、やっぱりブログの特性を生かして記事中に流れに沿ったテキストリンク広告を貼ることです。

これが一番効果的です。

あと、サイドバーのメニューにコンテンツの一部として載せてみたりするのも効果的です。

バナー広告は上部などにアクセントとして置くくらいで、多用は避けた方がいいです。

by ハヤ


アフィリエイトのブログランキング

blog by アフィリエイト at 11:13 | COM(2) | TB(1) | ハヤの記事
2005年06月11日

はじめに@ハヤ

K氏がおいしいネタをいくつもストックしているようなので早めに自己紹介します。

私はハヤです。
超分析型アフィリエイトブログというブログを運営しています。
その他にも、星になったサイトも含めれば10個はあります。

一応このブログのテーマはカリスマアフィリエイターの共同ブログということで、カリスマアフィリエイターであるK氏を中心に進めていきます。

特に彼の検索エンジン(SEO)に関する実験力にはすごいものがありますので、ためになるお話がちらほら聞けることと思います。

軌道に乗ってきたら執筆する人を増やしていきたいと思います。
そのときはお声をおかけするかもしれませんが、依頼されたらこころよく引き受けてくださると嬉しいです。
また、ぜひとも自分も参加したいという方も歓迎します。

ネタが豊富なK氏がいますから、多分企画倒れすることはないと思いますので(笑)、よろしくお願いします。

ハヤ

アフィリエイトのブログランキング

blog by アフィリエイト at 01:36 | COM(2) | TB(0) | ハヤの記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。