2005年07月12日

Google の特許出願について思うこと@白湯

Googleの特許はすごいインパクトでしたね。
私も必死で読みましたが、結論から書くと「小手先のSEOが無
理になったなあ」という感想でした。

以下は解説ではなく、私個人の見解です。

・時間の概念について
運営されている期間を評価するアルゴリズムのようです。
これは検索エンジンとしては概ね正しいと思われます。
長く運営していれば良いとは限りませんが、少しずつ更新を重
ねていくことで充実したサイトに近づいていることは確かです


・急激に増えるバックリンクについて
スパムなのでは、と疑われるのもごもっともですね。
通常は少しずつ増えていくものです。
しかし雑誌や有名サイトで紹介されて、急激にバックリンクが
増えることもあります。
Googleは特許に書いてある以上の策を弄していると考えるべき
でしょう。

Googleの特許出願内容を自分なりに理解したうえでどのような
施策を行うべきでしょうか。
特許をとることと、実装することは同義語ではありません。
これは非常に簡単で、特許内容を意識しすぎずに楽しみながら
サイトを運営するということだと思います。

私にとってGoogleの順位なんてそんなに大切なものではありま
せん。
もちろん高いに越したことはないですが。

自分の好きなジャンルでサイトを立ち上げて、ある程度キーワ
ードを決めてちょこっとずつ更新していけば良いのではないで
しょうか。

おそらく時間の概念は、多かれ少なかれ、各検索エンジンに採
用されていくのではないかと考えています。
長期的な視野を持ってSEOを施し、楽しくサイト運営を行えば
、かならず上位表示できるはずです。

ECサイトに於いてもGoogleで順位を上げるよりずっと利益に繋
がることが必ずあります。
対費用効果を分析してこのキーワードはSEO、このキーワード
はSEM、と振り分けたり、商品を入荷後出荷するんじゃなくて
直送して配送料を削減するとか、在庫を一つの倉庫に集めてみ
るとか、ブラッシュアップする部分はいくらでもあるはずです


その中のごく一部の施策としてGoogle対策ではないでしょうか

木を見て森を見ず、にならないよう大局を眺めながら落ち着い
て行動していきたいと思います。



アフィリエイトのブログランキング

blog by アフィリエイト at 12:40 | COM(0) | TB(0) | 白湯の記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。